×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミラクル兜の実生について
For seedling of miracle asterias


ミラクル兜って何?という人は 松岡さんのホームページ へ行って下さい。 ここにオリジナルのミラクル兜が掲載されています。 それから特徴の出たミラクル兜の実生苗が沢山 兜狂さんのページ ホワイトクラブに掲載されています。それから mizuchanのページ にも幾点かあります。 ミラクル兜やスーパー兜を日本に導入した 竹尾さんのページ にもミラクル兜の写真があります。
始まり
Beginning
10数年前、当時珍しかったスクレロカクタスやペディオカクタスを 栽培していたことをきっかけとして幸運にもミラクル兜F1(Ma,Mb,Mc)を3本、 その後に1本 (Me) の計4本を手中にできました。 これが私のミラクル兜実生の始まりです。

I was growing new Sclerocactus and Pediocactus about ten years ago. Also fortunately in exchange for those plants, I could get three F1 miracle asterias. (Me) This is the beginning of my miracle asterias seedlings.
父母木
Parents
さっそく当時手にしていた原地球(A6)等 および内地球とミラクル兜F1との交配を行い 実生を繰り返しました。
NHKで有名な小島兜(Ka,Kb,Tk)やドリーム兜(Dm)、 秋本兜の系統の小穴兜(Oa,Ob)および荒川兜(Ar)、 堀越兜(Ho)、T兜(Ts)、 3A兜(3a)、 大内兜(Oh)、富沢兜(Tm) 村主兜(Sg)、大疣兜(N01,N03,N07,N08,N17,N18,N52)などを 母木にしました。

I repeated crossbreedings and seedlings for domestic seedlings and the miracle asterias F1. I used the 3A asterias (3a), the Oochi asterias (Oh), the Suguri asterias (Sg),etc. as the mother plant.

ミラクルF1(Me)
Miracle F1(Me)
交配の記録
Record of backcrossing.

ミラクルF2(3aMa)
Miracle F2(3aMa)
最初からかなりの数の交配と実生を繰り返しおこなうことを予想し 父木と母木の系統を記録することにしました。
現在3代から4代目の交配を行っていますが、 記録のおかげで近親交配を避けることができます。 しかしそのことが逆に戻し交配を積極的に行うための手段ともなっています。 本文で使用している記号(例えば 3aMa)は交配の方法で 前者3aが母木、Maが父木を表しています。

I carried out by repeating crossbreeding and seedling from the beginning. Then, I recorded the family tree.
Although I performed now 4th crossbreeding generations, an inbreeding is can able to avoidable for use the record. However, it is can able to perform the backcross positively. The sign (for-instance 3aMa) using in the text is a crossbreeding equation, the former 3a expresses a mother and Ma expresses the father.
実生の特徴
Characteristics of seedlings
ミラクル兜の血の入った種を実生すると一斉に発芽することが少なく、 他の兜に比較すると適温範囲が他の兜より狭いような気がします。
他の兜が一斉に発芽してくるのに対してポツンポツンという具合です。 普通兜は父木の血を受け継ぐと言われていますがこれも当てはまりません。 私の考えですがミラクル兜の特徴とは 「先祖から受け継いでいるが埋没している性質を強烈に引き出す役割」 を持っているような気がしてなりません。 これがよく言われる「劣性遺伝」なのでしょうか。

この特徴がミラクル兜F1同士(Mb,Mc)の戻し交配では現れてしまい、 成長が非常に遅い苗となって栽培は難しいものがありました。 姿から想像されるオリジナルのミラクル兜が持っていると思える 成長の遅い性質が強烈に現れた結果かと思われます。 残念ながらF1同士の戻し交配はMb,Mcが手に入れて1年ほどで土に帰ってしまったため、 F1個体への受粉は避けるようになりその後行っておりません。

The backcross of F1s is not carrying out after for Mb and Mc are I can regard those optimum temperature ranges as narrow as compared with other asterias. It is observed the seeds slowly against other asterias budding all at once. It is generally said that the asterias seedling inherits a father's charactor, this is not usually applied for the seedlings of miracle family. I consider the following. The miracle seedlings are equipped with the character which pulls out intensely the character which inherited from the ancestor and hidden. Is this the "recessive inheritance" said well?
In the backcross of miracle helmet F1s (Mb, Mc), this character appeared and became very slow-growing seedlings. Therefore, the culture of F1s was difficult. Probably, this is the result of pulling out intensely the slow-growing character which the original miracle asterias imagined from the figure has. The backcross of F1s is not carrying out in first year. Since both Mb and Mc rotted, I am making me avoid the pollination to F1.



ミラクルF3[(3aMa)Me]
Miracle F3(3aMaMe)
F2世代
F2 generation


ミラクルF2[3aMa]
Miracle F2(3aMa)
F2世代はMaおよびMeを父木としてかなりの数を交配して実生しましたが、 ミラクル兜本来の姿のものは出現しておりません。 この世代のものとしては KaMa, TkMa, TaMa, OaMa, ObMa, ArMa, HoMa, TsMa, DmMa, 3aMa, GeMa, OaMe, TsMa, TkMe, OhMe 等を交配しています。

この中で3aMaの系統が かなりミラクル兜に近い顔をしているような気がします。 同じ年に実生したミラクル兜の血筋を引かない実生苗が すでに15cmを超えているのに対し、 3aMaの系統の実生苗は10cm程度とかなり成長が遅い苗群です。 残念ながらオリジナル親のような白点は見られません。
また、TsMaの中の一本にかなり有望と思われるものが あったのですが3cm程度で腐ってしまいました。 辛うじて開花していたのでF3として Sg(TsMa) を交配してその血筋 が残っています。

Using Ma and Me as a father, F2 seedlings were grown. However, the seedling with the miracle asterias feature was not appeared. Those F2s are crossing in the following combination. KaMa, TkMa, TaMa, OaMa, ObMa, ArMa, HoMa, TsMa, DmMa, 3aMa, GeMa, OaMe, TsMa, TkMe, OhMe.

The family tree 3aMa in this generation, I though that it was quite close to the original miracle asterias. Although the normal seedlings at same time were growing to 15 cm, the 3aMa seedlings at the same year were growing about 10 cm. Though regrettable, white points like original are not seen. Moreover, although it was good seedling in TsMa, it had rotted. Since it had bloomed barely, I crossed Sg (TsMa) as F3, and have left the blood.
F3世代
F3 generation
F3世代は、さらに新たな血筋を加えたものと ミラクルの血筋を戻したものとに別れます。 さらに戻し交配でもF1(Ma,Me)を直接交配したものと F2同士の交配があります。 新たな血筋を加えたものとしては上に述べたSg(TsMa)が最も有望な苗です。 戻し交配は可能な限り行っていますが、手に入れて数年でMaが昇天してしまい、 現在F1による戻し交配は Meを使用したものに限定されてしまいました。

F3 generations separate to two lines, added newer pedigree, and one backcrossing the pedigree of miracle. Furthermore, the backcrosses also have done with F2 and F1, and to cross with F2s. Sg (TsMa) is the best seedling in new pedigree . Although the backcross of miracle asterias are done as much as possible, Ma had rotted in several years. So the backcross with F1 is limited to Me.

ミラクルF3[Sg(TsMa)]
Miracle seedling F3[Sg(TsMa)]
ミラクルF3[Ob3a(HoMa)]
Miracle seedling F3[Ob3a(HoMa)]
選抜方法
How to select

実生2年経過苗
2年目で残す苗はこんなもの!
two years seedlings
Some seedlings left in the 2nd years
実生4年苗?
Seedlings four years?
私のフレームハウスは2間X2間程度と手狭なため、 実生した苗を栽培し続けることが困難なため、 ある程度で苗を選抜する必要がありました。 そのとき私の行った選抜方法を少し述べてみます。 とにかくたくさんの種を播種する必要があるので、 5号丸鉢をほぼ6等分し6房分の種を蒔きました。 1房100粒として600粒を5号丸鉢に蒔いたことになります。

全部が無事発芽した場合、 2,3ヶ月で押し合いを始めますのでこのころから間引きを始めます。 このときの基準は生長の遅いもの、徒長気味のもの、 白点はまだ出ていないのでアレオーレの小さいもの等々です。 かなり兜の形になってきてからは基本的には本来の兜の姿を していないものは淘汰するとの考えを一つの柱にしました。 つまり稜の数が8でないものです。 さらに出始めの白点が細かいものも即座に淘汰しました。 このようにして1年目で同一の房のものは、最初の植え替えを行う春までに 径1cm程度のもので20本〜40本に減少してしまいます。 選抜の何回かの繰り返しの結果気がついたことがありました。 6稜や7稜の苗の発生率が異様に大きな系統があることに気づいたのです。 親苗はかなり大疣で白点も良い玄人受けする姿だったのですが、 気がついてからはこの系統の実生は行わなくなりました。

さらに植え替えの時点では 1年目で目立った白点が発生したものは 様子見のため5本〜20本程度残します。 白点がでてきても細かなものはすべてこの時点で栽培を終了します。 一方白点が1年たっても発生してこないものは 20〜30本を2年目に残します。 実生から丸2年たっても白点のでないものはわずかですし、 この時点で径2〜3cmになりますので 白点の異様な大きなものは明らかにミラクル兜の血を受け継いでいます。 3年目の時点ではさほど大きな白点でなくとも ミラクル兜の血を受け継いだと思える苗は他の苗と区別することができます。

My green house was difficult to continue growing all seedlings ,since it was narrow 3.6m x 3.6m. Then, I needed to select the seedlings. I describe below my selection method performed. Since much species needed to be scattered, I divided the 13-cm round pot into about six areas equally, and planted the seeds for six tassels individually. It meant planting 600 grains per a 13-cm round pot if 100 grains per one tassel.

When all bud safely, since a jam of seedlings started in 2 or 3 months, I began screening from this time. The objects of screening are as follows, the late seedlings of a growth, the succulent-growth seedlings, seedling of small areoles, etc. When seedlings were growing basic form of asterias, I started to screen the seedlings that had not the primary figure of the asterias. That was, the number of ribs was not 8. Furthermore, I screened immediately what has a small white points of the first appearance. Thus, seedlings from the same tassel decreased in number to 20 - 40 in next spring when those seedlings would be transplanted . After some times repetitions of those selection. I have noticed that there are family trees with incidence of seedlings with 6 ribs or 7 ribs. After noticing, I stopped performing the seedling of this trees, although the parents are the figures also with a sufficient large areoles and white dot.

When transpotted, I left 5 - 20 out of them. Even if white dots come out, seedlings with fine dots are ending cultivation at this time. If no white dots had appeared in one year, I would left 20-30 one per tassel. After two years, there were very little seedlings that white dots did not come. At this time, those grown to 2-3cm diameter. It was clear that the seedlings with big white dots had inherited the original miracle asterias. At the 3rd year, even if it does not have so big white dots, it is clear that the seedlings inherited of the miracle asterias are distinguishable from other seedlings.
特徴の現れた組み合わせ
Combinations that characteristics appeared
かなりの数の組み合わせの交配実生を繰り返し、やっと私の所有する兜の最適と思われる 交配の組み合わせが見えてきました。
[3aMaを父母木に使用した場合]
3aMaは前にも述べたようにミラクル兜の特徴を有している と思っていますので現在3本手元に残してあります。 いずれも白点はさほど大きなものではなく、 現在の大疣大白点の兜と比較することはできません。 3aMaとMeを父母木いずれかとしての組み合わせで交配したものはいずれも 最初1年目はほとんど無白点です。しかし2年目からかなり大きな白点を発生してきます。 時間と場所を取りますがもっとも楽しみな組み合わせだと思っています。
[Sg(TsMa)を父母木に使用した場合]
F3の中で最も白点の大きな個体を使用したもので、 これを父母いずれかにした場合かなりの確率で大きな白点の個体が発生しています。 その中でDmMa (ミラクルの血を引き継いでいるだけで何の特徴もない株です) を母木に使用した兄弟はミラクル兜の特徴を有し始めています。 表面に現れた特徴だけでは判断できない良い例です。 また、(Tk3a)(OaMa)を母木に使用したものは その白点は非常に大きくなってきていますが、白点の形状はミラクルのものでなく Tkのそれとなっています。
ミラクル兜の特徴である特異な性質を発生する遺伝子を受け継いだ個体を使用すれば さらに夢の苗を作出することができるかも知れません。 オリジナルにより近いミラクル兜の作出、これはすでに実現ざれているようです。 さらにこれまでそれぞれの個体の中に眠っていたすばらしい白点や白い疣の特徴に さらに磨きをかけた個体の作出、こちらがこれからの夢でしょうか。 .

By large number of combinations of the crossbreeding, I understood the combination of the optimal crossbreeding for my plants.
[3aMa used for parents]
Since I had thought that 3aMa had features of the miracle asterias, I had left three plants. Neither of white dots had been so big, those could not be compareed with the domestic asterias with big white dots and big areoles. Seedlings crossed 3aMa and Me in the combination did not generate white points for one year. However, those generated quite big white dots from 2nd. I thought that this was promising combination.
[Sg (TsMa) used for parents]
It was a seedling with the biggest white dots in F3. In crossbreeding used this as one of parents, the seedlings with big white dots had occurred with remarkable probability. The children of DmMa (it was a seedling with no features),using as mother, were beginning to have the feature of the miracle asterias. It was a good example that it could not be judged only in the feature appeared in the surface. Moreover, seedlings,using (Tk3a) or (OaMa) as mother, had very great white dots. However, the configuration of the white dots had become it of Tk instead of it of the miracle.
It may be able to produce a dream seedling by using the seedling inherited the unique character of the miracle asterias. It seems that producing more near the original miracle asterias has been already realized. The production of seedling with large wonderful white dots and white big areoles, is this the future dream?
特徴のでてきた3年目の実生苗
Seedling for the 3rd year



その後

現在、実生は以下の苗を中心に実生を行っています。 CallesEにMM2を交配した実生苗(121,122,123,124)、さらにそれらを元にした実生苗(195−198) 等を親苗として交配を行っています。また、 最初に私の処で特徴の現れた青色75番の実生苗と彩仙園さんのSi-1を交配して 10数粒の種子を得て実生したところ、かなり高い確率でミラクル兜の特徴を有する 実生苗(126,127,128,129)を得ることができました。写真はまだ丸い株ですが、現在の苗はかなりヒトデ型の苗に なってきました。但し、矮性のようでなかなか大きくなりません。これらも親木にして現在、実生を繰り返していますが、 この系統はかなりの確率でミラクル兜の特徴を有するようです。

さらに矮性にならないように、ミラクル兜の血統に他の血統(原産地血統)を取入れるために、産地データの明確な兜を 交配相手(CHA162 ,RS1297等)として取り入れています。これらを母木として交配した苗はミラクル兜の特徴を表しませんが、 その後の戻し交配では特徴を表すことを確認しています。

大疣のミラクル兜を作るには以前から日本にある大疣兜をミラクル系統の兜を交配した実生苗(119,176)の戻し交配を行う必要があります。 現在、戻し交配を行っていますが、青色系統のものよりもミラクル兜の特徴のある実生苗ができる確率は高いようです。 しかし、ミラクル兜の特徴と一緒に大疣の特徴は出にくいようです。
交配に使用している実生苗
Used Seedlings